栗坂良と馬と酒と麺と

馬れてすいません…

築地生まれのキャプテン・ビーフハート

f:id:kurisakaryo:20181011185357p:plain

吉野家の新しい食べ方を日々考えている。

おそらくワタスは月に一回か二回ぐらいのペースで吉野家に行っている。年18回と考えると、定職に就いて以来かれこれ400杯ぐらいは食べてる訳だ。ヘビーユーザーの人からしたら全然大した事ない数字だろうが、なにしろワタスは明るい照明を煌々と照らす全国展開な飲食店が元来好きではない。暗くて狭ーいところが大好きな竹野内豊の如く、暗がりや路地裏に活路を見いだしてきたようなそういう癖がある。おじちゃんとおばちゃんが小商いしてる店が断然美味そうだし、お金も気持ちよく払えるような気がするし。

それでも吉野家に行く理由と言うのは単純に口に合うという事だけではどうもない。薄切りの牛肉と玉ねぎをタレで煮込んだだけの汁かけぶっかけ飯。何しろ早い安いうまいをこれ以上体現している食べ物は他になく、またそこらのうどん屋や食堂で提供される牛丼と吉牛は全く異なる食べ物である事は強調したい。多分吉野家の方があまり良い肉は使ってない。なのに前者には不思議とあまり魅力は正直感じない。清貧の極北、と言ったモノが吉野家にはやはりある。

でやっと本題に戻るのですが、食べ方も今まで紆余曲折ありました。七味を振り、紅生姜を添え、溶き卵をかけ回して、その組み合わせを足し引きしたり、あえて何も手を加えずとそれこそ何十周のやりとりを経てきたように思う。そしてワタスなりの答えが一つ出ました。

牛丼あたまの大盛りと卵を発注。次に牛丼の肉を丼の横に退かせて、卵をご飯にかけ混ぜて卵かけごはんを作る。ご飯と玉子を一体化させる事が肝要。徐に傍の牛肉に七味を大目に振ったのち、卵かけごはんの下に滑りこませる。これは肉が冷めるのを防ぐ為。上から紅生姜を思いっきり載せる。紅生姜の旨さも吉野家が他店を圧倒しているとワタスは思う。コレ等をもうかっ込んで頬張る。かっ込んでは頬張る。

f:id:kurisakaryo:20181011185509j:plain

多少手間だが、全てが相俟っててワタスは最高だ。セッティングに50秒、実食に120秒、紅生姜投入後はメシが冷めてしまうので混ぜないがポイントでやす。胃袋に気持ちのヨユーがある時に良ければお試しあれ。